プルーン About Prune

栽培・収穫・加工

通常、プルーンの木は植樹してから4~6年で実がなり始めます。8年から12年で成熟します。その頃になると、1本の木から150ポンドから300ポンドの生のプルーン・プラムがとれるようになります。その後30年間は良質の果実を生み続けます。プルーンの木は落葉樹で、冬の間は眠っています。この冬の間に各農家はプルーンの大きさや、良質の果実の収穫性を高める為に枝落としを行います。

栽培・収穫・加工

アメリカの他の地域が、まだ雪にすっぽりと被われるころ、カリフォルニアの渓谷はもう文字通り春の気候となります。55,000エーカーのプルーン畑は見渡す限り、まるで白いマントをかぶったように白く美しい、香りのよい花に被われます。花は1週間程続き、やがて白い花が散るにつれて、濃い黄緑色になります。そこに新しい果実の芽が出て、又新しい葉の芽が吹き出します。この時期には灌漑設備が自然の雨の代わりに活躍します。カリフォルニアの渓谷の気候は、地中海のそれと同じく、雨は普通晩秋から早春にかけてしか降らないからです。開花の前後に雨が降るのは非常に稀なのです。灌漑に頼ることは不便ですし、また経費もかかりますが、果実の高品質維持には貢献しています。栽培農家の人々にとって優れた灌漑設備があると云う事は、「いつ降る」か判らない自然の雨に頼るより、計画性が持て、頼りがいのある事なのです。灌漑に依り、プルーンの木が必要とする水が与えられるのです。

栽培・収穫・加工

栽培・収穫・加工

収穫

収穫

8月の中旬までに、プルーンの農園では収穫準備完了となります。収穫期は約30日間です。プルーン・プラムの収穫日を決めるものは果実の熟度です。プルーンは木で完熟させ得る数少ない果物です。果実の固さを調べて果糖度を計って慎重に収穫日が決められます。
今日、プルーンの収穫は完全に機械化されています。自動ゆさ振り機がプルーンの木の幹をつかみ、 キャンバス布で作られた大きな受け皿を木の幹のまわりに広げ、振動させてプルーンの実を落とすのです。 落ちた実はベルトコンベアーにより大きな木箱(Bin)に詰められ、乾燥工場へ運ばれます。この収穫作業はアッと云う間に終わります。

収穫

業界のプルーンの品質の向上の願いから、古い収穫方法、即ち木をゆすって実を土の上に落としその後集める、 と云う方法は全く行われなくなりました。以前は木の下の地面をならし、果実が落ちた時に受け止めるやわらかいブランケットの役目を するように土を粉状に細かく砕き、落ちた果物は集められ乾燥装置に運ばれました。この方法だと、果実を全部収穫するのに、 3回から4回の収穫作業を行わなければなりませんでしたので、今日では時代遅れとなってしまいました。

収穫

乾燥

収穫されたプルーンは直ちに乾燥工場へ運ばれ、洗浄され、右の写真の様にトレーに敷きつめられ、熱風乾燥室で18~24時間で水分18%まで乾燥されます。感度のよい温度調整器が作動して、むらなく乾燥した高品質のプルーンが作られます。この過程で3ポンドのプルーン・プラム(生のプルーン)が1ポンドの乾燥したプルーンとなるのです。

乾燥

乾燥

箱詰

箱詰

乾燥工場からプルーンは近代的な工場へ運ばれ、そこでサイズ分けと検品が行われた後、保管されます。他の多くの果実と違って、プルーンは注文があってからパックされます。従って注文があるまでは、いわゆる"ナチュラルコンディション(NC)"の状態で保存されるわけです。注文を受けると、プルーンは水分調整及び検査を行い、箱詰されます。
プルーンの保存には水分21%ぐらいが一番よいので、乾燥工場では水分21%に乾燥させます。この状態のプルーンを俗に" ナチュラルコンディション(NC)プルーン"と云います。この状態で、プルーンは再加工するまで、冷温倉庫に保管されます。プルーンは注文を受けてから、水分調整後殺菌し、最終検品を行った後に箱詰されます。注文を25ポンドまたは30ポンドのバルクに詰める場合でも、あるいはスーパー等の小売店を通じて販売される1または2ポンドのパッケージに詰める場合でも、この方法に従って行われます。

箱詰